オマーのハートより
スーパー・ヒーリング物語

完全な健康を望みますか? わたしは望みます!!!

「完全な健康」とは:完全な適応力

私たちの多くは・・・
 一つの文化の中に生まれつき、どんな風に考えて行動し生活するかに一定のやり方を持つものです。私の父は毎日同じパターンで過ごす大変良いモデルでした。父が起きるのはー朝7時。顔を洗うのはー7時10分。朝食—7時半。仕事に家を出るー7時45分。仕事開始ー8時。昼食をとるー12時、という具合です。

変化を通じて「完全な健康」を手にするという最初のレッスンは・・・
 父がまったく休暇を取ろうとしないと文句を言う母のお陰で訪れました。父は新聞の刊行にとても忙しかったのです。何年も母が愚痴を言い続けた後、1951年、私が12才の時に、私達は初めて素晴らしい休暇に出掛けました!アメリカ中西部の真ん中を車で横断する旅です。ネブラスカではすごい嵐の最中に迂回した道のぬかるみで立ち往生。アイオワの農場では干し草の固まりを投げ、シカゴでは高級なホテルに泊まりました。夕食のメニューからは何でも注文できたのに私がオーダーしたのは一杯のトマトジュース。だって「たったの」35セントだったのです。食事に4ドルも払うなんて、法外だと思いました!地元のワシントンホテルでは35セントで朝食が食べられましたから。

1964年、アメリカ平和部隊に参加した時に訪れた2つめのレッスン
 10代の頃はよく世界地図を調べて「ここと、あそこと、こっちの場所にも行ってみたい!あらゆる場所に行ってみたい!」と強く思ったものです。そのうちに、どこか一カ所でいいから行けたら幸せだな、と感じ始めました。幸いにも、ジョン・ケネディー大統領が平和部隊を設立し、私は限られた世界から自分自身を解放する事ができたのです。2年近くにわたりチリに住む事はエキサイティングでした。スペイン語を学び、人々を抱擁し両頬にキスする事を覚え、ドアまで行くのに10分かかるくらい混雑した満員バスに乗ることや、ゆっくりやること、大晦日は明け方まで騒いで楽しみ元旦は一日中寝る、ってことを知りました!

3つめのレッスンとなったヒッピーの「にじのつどい(Rainbow Gathering)」に感謝!
 30年ほど前、7月4日の独立記念日の週に、記念日を祝うため何千人ものヒッピーが国立公園に集まりました。それが毎年恒例の、地球上で一番大規模なパーティー、「にじのつどい」の始まりです。1988年から計8回集いに参加する中、私の「完全な健康」への理解は一回ごとに深まって行きました!そこに集まる人々はありとあらゆるヒューマニズムを表現しており、その全てを目にすることができました。今はにじのつどいに無料ヒーリングのためのマッサージ・テーブルを持って行きますが、2回目の参加となったバーモント集会の時は持っていませんでした。あるヒーラーが小川の上に半分つきだすようにマッサージ・テーブルをセットアップしています。私はそれをおそらく5分はじっと見つめ、そしてやっと勇気を奮い起こして言いました。「私もマッサージをしてるんですよ!」その人はテーブルを使いたいかと私に聞きました。何という贈り物!一人にマッサージを施し終えてテーブルを返そうとしましたが、「それはもうあなたのテーブルですよ。好きなだけ使って下さい!」とその人が言います。その後一週間のあいだ少なくとも50回はテーブルを返そうとしましたが、その度にそのヒーラーは「どうぞ使って下さい!」と言うのでした。一週間にわたって小川の上でマッサージをした私は、まるでイエスになったような気分だったと言わせて下さいー完全に繋がった感覚だったんです!ヒーリングは無料でしたが、ビーズやお香、エッセンシャル・オイルや果物などのプレゼントを持って来てくれる人達がいました。一週間で200人以上のヒッピーにマッサージをしたはずです。たいてい川岸には10人から15人が列を作って順番を待っていました。

その週は様々なニーズに応じて
 ヒーリング治療を行い、たくさんの練習ができました!人のオーラに手をかざすとその人のエネルギーの滞りがどこかをはっきり読めたし、どこに手を触れればいいのかわかりました。すると、そこは本当に固くなっています!ここにちょっと触れ、そちらにちょっと触れ・・・そして緊張が解けてなくなります。急流の小川が魔法のように緊張を持ち去ってくれました!

集会の中をぶらついていると・・・
 2000フィート(約610メートル)ほど離れた丘の頂きに馬に乗った5人のパークレンジャー(自然保護官)がいて、みなが不安を感じている事に気がづきました。パークレンジャーは熱心に全てをじっと見ています。何年にも渡り多くのヒッピーがマリファナ使用で投獄されてきました。私はふと「あの高い丘の上にいるレンジャーと馬の体がためこんでる緊張をスキャンできないだろうか?」と思いつき、両手をかざしてチェックしてみました。嬉しいことに、まるでマッサージ・テーブルを使ってやっているかのごとく、彼らの緊張は私の体を通して劇的に解消されたのです!彼らにはものすごい量の緊張がありました。ヒッピーがパークレンジャーにストレスを感じたようにパークレンジャーもヒッピーにストレスを感じていたのです!パークレンジャーに気づかれない事を祈りながら、彼らの方に両腕をあげ、まるで踊っているかのような激しい呼吸音を15分ほど出して、その緊張を解放させました。それから私は彼らと話をしようと思い立ち丘を登って行きました。「私にはあなた方と同じくレンジャーだった叔父がいるんですよ」と言うと、レンジャーの一人が短く親しみのある感じで「そりゃいい」と答えました。私は続けました。「あなた方のように普通のアメリカ人として一年の大半を過ごしますが、年に一週間だけヒッピーをやってみるのが好きでね」また「そりゃいい」と同じ答え。その後、別れを告げて丘を下り、テーブルの上でヒッピー達にヒーリングを施し続けました。

あなたも体験してみませんか
 自分の高いレベルでの健康と癒しをサポートするために、自身についてまだ未知の驚くべきことを経験してみませんか?自分の助けとなる大切な事を学び、素晴らしい満足が得られることをお約束します!そしてその後は長い間とても良い気分でいられることでしょうーーもしかしたら永遠に。セッション後癒しのエネルギーが働くのに1、2日待ってみて下さい。

 2008年6月6日から22日までCRSにてプライベート・セッションを行います。ご予約は、608−658−6718までお電話下さい。

最初にお電話を頂いた方10名には割引料金—1時間80ドル—にて承ります!

オマーのタッチ・セラピー
608 658 6718 www.omarstouch.com